日本と世界各地のお勧め世界遺産を巡る旅!

日本人なら一度は訪れたい!お勧めの世界遺産を訪れる旅3選

日本国内に数多く存在する世界遺産。それらの中から特に旅をより充実したものにしてくれるお勧めスポットを紹介します。
まずは海外からも大きな注目を集めている『古都京都の文化財』を巡る旅。下鴨神社、二条城そして醍醐寺などの歴史情緒満点で美しい街並みが魅惑的なエリアです。季節によっても異なる表情を見せてくれるので何度も訪れたくなります。
そして海に面して建つ大きな鳥居が神秘的な雰囲気を放つ『厳島神社』も人気の旅行先の一つです。平安時代から続く伝統を感じながら宮島に残る自然の雄大さにも触れることができます。
「東洋のガラパゴス」と称えられる『小笠原諸島』もぜひ一度は出掛けてみたい所です。東京から南下すること約1000kmのエリアにある島々とその周辺に広がる海が織り成す素晴らしい景観はただただ圧巻の一言。
旅慣れた国内旅行も目的地の中に世界遺産を組み入れるだけで旅の満足度はとても大きなものとなりますよ。

意外と気軽に訪れることができる!世界遺産を巡る旅3選

世界各地に点在する世界遺産のなかでも海外旅行ビギナーさんにお勧めの旅行を厳選しました。
まずは世界有数の観光立国であるフランスの旅。『モン・サン・ミッシェル』、『シャルトル大聖堂』そして『ベルサイユ宮殿』といった華やかさと荘厳さを兼ね備えた世界遺産がいくつもあります。どれも旅行会社のツアーパッケージに含まれていることが多いので安心感もあります。
情熱の国・スペインにも『アルハンブラ宮殿』や『ガウディの作品群』、『タラゴナ遺跡群」など風土の歴史をダイレクトに感じることができる素晴らしい世界遺産があります。スペインもパックツアーが組まれることが多い国。ツアーコンダクターや現地在住のガイドが付き添ってくれることからも大きな満足を得られます。
アジアを代表する世界遺産『アンコール・ワット』の地カンボジアの旅も外せません。日本から近い点もポイント。
各国が誇る世界遺産を満喫する旅に出かけてみませんか。

一泊二日の旅行に行くなら、何を持っていく?

どんなカバンにするかで荷物の量が決まる

一泊二日の旅行って、すぐに帰ってくるから、小さめのカバンにしょうかなと思い、荷物を入れると、持って行きたいものが、入らないということが、多いです。こういう時、カバンを大きくするか、荷物を減らすか迷いますね。カバンを大きくすると、いっぱい入るので、あまり使わないものまで、念のために持って行きたくなってしまいます。一泊二日の旅行なので、ホテルや旅館にあるものを使うと荷物が減らせて、小さめのカバンでも大丈夫です。たった1日の我慢と考えて、ないと困るものを選んでカバンに入れましょう。旅慣れている人は、本当にこれだけで大丈夫というくらい、少ない荷物で過ごせるようです。心配で余分な荷物を持って行き、旅先で整理に困らないよう、最小限必要な物を持って行きましょう。

必要なものは買えます

ホテルや旅館に泊まる場合、部屋でくつろげるように、浴衣などが常備してあります。浴衣が苦手という人は多いですね。でもたった1日のことなので、我慢すれば荷物が減らせます。どうしても気になる人は、スエットパンツをはくと良いかもしれません。スエットの上は旅行に着てきたTシャツやカーディガンを羽織ればホテルや旅館でくつろげます。旅行先でのことが、心配でたくさん荷物を持っていく人も多いようです。足りないもは、旅館やホテルで買えます。最近ではコンビニも増えてきているので、必要になれば買うことができます。本当に必要なものは1日分の着替えです。雨に降られ靴下が濡れ困ることもあるかもしれないので、靴下や肌着はカバンに余裕があればもう1枚持って行っても良いでしょう。

旅行を楽しむためにはしっかりと計画を練ることが大切

旅行はとにかく計画性が大切

どこへ行くにしても、旅行というのは行き先への交通費、宿泊費、食費、観光料金など様々なところでお金を使うため、ある程度貯金をしてから行く必要があります。だからと言ってお金のことばかり気にしていてはせっかくの旅行も楽しめませんよね。楽しい旅行にするためにもまず実践してほしいのが「事前の計画をしっかり練る」ということです。まず何にどれだけのお金をかけるのか大まかに算出し、それによって合計額を出します。その金額によっては「もう少し低予算に抑えたいな」や「もう少し豪華にしよう」などの方針が決まるのです。必要なところにはお金を使い、必要ないところは節約するというメリハリがあってこそ、充実した旅行につながるのです。

早めの行動がお得へ導く

ある程度の予算が決まったら、次は実際にどのような手段で行くのか、またどこに宿泊するのかということを考えていきます。飛行機などの交通機関や宿泊施設は、早めに確約をとっておきたいという気持ちがあるため、旅行シーズンではない時期であったり、数か月前という早めの段階であれば「早割」という形で大幅な値引きを行っていることが多いのです。早めに動くことによって交通費や宿泊費の割引キャンペーンを上手に利用すれば、安く飛行機に乗ることも、立派なホテルに安く泊まることも可能です。どうせ同じホテルに泊まるのであれば、少しでも安く泊まれる方が予算を観光や買い物にまわせていいですよね。早め早めの行動が楽しい旅行への第一歩となるのです。

福島県の雪景色や洞窟で子供もわくわくできる

雪景色がとても似合う白河小峰城

雪景色を眺めたくて東北まで旅行に出かける予定の人は、福島県にある白河小峰城などの観光スポットがぴったりです。
白河小峰城は歴史愛好家からも評価が高い城の一つで、江戸時代に大改修が施された形跡も見られたり、戦争で消失してしまった部分の復元作業も進んでいます。
ここまで美しい城として修復されている事に、歴史愛好家の方々からは高い評価を得ており、雪景色との相性の良さで観光客からも人気があります。
周囲に植えられている木もしっかりと手入れがされており、城と木が一緒に撮影されている写真を眺めるだけで、なんて美しい光景なのだろうと思わせてもらえることでしょう。
雪が降りそうなタイミングを狙って、白河小峰城に足を運んでみる事がおすすめです。

子供と一緒に洞窟を探検できます

福島県の定番の観光スポットを探している親子連れの方々は、あぶくま洞のように子供も喜んでくれる観光スポットを選んでみてください。
あぶくま洞は8000年以上の歳月をかけて出来上がった洞窟で、600メートルもの長さの探検コースを子供と一緒に歩いていけます。
洞窟内部の場所によって、壁の模様がまったく違っていたりと、自然が作り上げてきた地層の美しさを堪能できるところが好評です。
子供にとって貴重な体験ができますし、洞窟内部には記念撮影にぴったりなスポットがいくつもあります。
雨の日でも天候を気にせず立ち寄りやすい場所として、福島県に足を運んだら立ち寄ってみてください。
交通アクセスも良くて駅からも近いですし、通年無休という点もおすすめです。

海外旅行に行くときのカバンでスーツケースを選ぶと良い理由

海外旅行ではスーツを選ぶと安心が大きい

海外旅行に行くときにはどういうカバンを選ぶと良いのか?という問題で迷うのではないでしょうか?どうしても海外旅行の場合には荷物も多くなりますし、いつも使っているような手頃なカバンでは相応しくないと思われるので、どうしても大き目のカバンを用意した方が良いと言えるのです。そういったときに有効なのがスーツケースです。スーツケースは海外旅行のカバンとして使っている人も多いですけど、やはりメリットが大きいのです。それは頑丈ということです。衝撃に強くて壊れにくいので、中の荷物も心配ないでしょう。そして、海外旅行というと荷物の盗難が心配かもしれませんが、ロックをかけることができるので、そういったリスクも少ないと言えます。

小型のスーツケースならば飛行機内にも持ち込むことができる

荷物というのはできるだけ預けないで自分で持っていたいと考える人が多いでしょう。そういったときにもスーツケースは便利なのです。なぜならば、小型のものならば飛行機内に持ち込めるからです。したがって、そこまで長期の海外旅行ではないような場合で、荷物の量がそこまで多くないならば小さいスーツケースを購入して、そこに荷物を入れていけば飛行機の中にも持ち込める可能性がありますから、その点においてもメリットがあると言えます。スーツケースはかなり商品のバリエーションがあると思うので、大きさやカラーなども選べる余地が相当あります。したがって、海外旅行に行くときのカバンで迷っているならばスーツケースを候補にしても良いのではないでしょうか?